FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアリーグ大解剖

[プレミアリーグ] ブログ村キーワード
プレミアリーグ(Premier League)は、イングランド・プロサッカーリーグのトップディヴィジョン世界中で、約10億人に見られているリーグであり、レガ・カルチョ・セリエA、リーガ エスパニョーラ・プリメーラ・ディビシオンと並び世界最高レベルのリーグである。

プレミアリーグは、1992年にイングランドプロサッカーリーグ改編に伴い新設された。創設から2007-2008シーズンまでの合計16シーズンのうち、チャンピオンになったのはアーセナル、ブラックバーン・ローヴァーズ、チェルシー、マンチェスターU.の4クラブのみ。最も好成績を残しているのはマンチェスターU.で、16シーズンでリーグチャンピオン10回、また3連覇を成し遂げた唯一のクラブである。

歴史
1980年代、イングランドサッカー界は低迷していた。スタジアムは古く傷んでおり、観客は古びた設備で観戦することを強いられた。また、同時代にはフーリガンを代表する暴力行為も広がりを見せていた。1985年5月29日、UEFAチャンピオンズカップ決勝 リヴァプール対ユヴェントス戦で、サポーターが暴徒化し死傷者が出る事件が発生(ヘイゼルの悲劇を参照)。イングランドのクラブはUEFA(欧州サッカー連盟)が主催する大会への出場を(無期限、後に5年間。当事者のリヴァプールは7年間に変更される)禁じられた。
フットボールリーグ1(The Football League First Division、プレミアリーグが新設されるまでイングランドプロサッカーリーグのトップディヴィジョン)は収益、観客数などでセリエA、リーガ エスパニョーラに大きく遅れを取っており、優秀なイングランド人選手数人は海外に活躍の場を求めた。しかし、1990年を境にこの下降傾向が減速し始めた。1990 FIFAワールドカップで、イングランドがベスト4に進出(準決勝で敗退、3位決定戦で敗れ4位)。UEFA主催大会への出場禁止措置も解かれ、イングランドサッカー界に再興の兆しが見え始めた。

特徴
2003年頃からプレミアリーグに所属する各クラブが外国人投資家に買収されるようになり、現在(2007年)ではリヴァプール(アメリカ人)、マンチェスターU.(アメリカ人)、チェルシー(ロシア人)といったビッグクラブやポーツマス(ロシア系フランス人)、マンチェスターC.(タイ人)などといった中堅クラブまでが外国人がオーナーのクラブとなっている。2007年9月現在、プレミアリーグ所属20クラブ中8クラブが外国人がオーナー職を勤めている。
イングランドにおける就労ビザ発行の問題から南米出身(特にブラジル)の選手が少なく、南米出身の選手を獲得しても就労ビザの発行までレンタルというケースも少なくない。(但しデニウソン、アンデルソンといった特別な才能を持つ選手は特例でビザが支給された)ブラジル出身で活躍する選手も少なく2007年現在、ブラジル出身でプレミアリーグで活躍しているのはジウベルト・シウヴァ(アーセナル)をはじめとする数人である。

ウィキペディアより抜粋

プレミアリーグ在籍選手の動画はこちらから
C.ロナウド デコ



スポンサーサイト

tag : プレミアリーグ マンチェスターU

comment

Secret

スポンサードリンク
カテゴリー
プロフィール

soochang123

Author:soochang123
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ランキング ↓ 応援お願いします
サッカー関連リンク集
メールフォーム
相互リンク募集中 サッカー関連大歓迎

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめHPリンク
おすすめ
フリーエリア
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。