スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA大解剖

[セリエA] ブログ村キーワード
セリエA(Serie A、セリエ・アー)は、イタリアのプロサッカーリーグで
あるレガ・カルチョのトップディヴィジョンの名称である。リーグが現在
の形になったのは1929年のことである。1990年代にはUEFAチャンピオン
ズリーグでイタリアのクラブチームが7年連続でファイナルに進むなど世界
中からスター選手が集まり世界最高峰のリーグと呼ばれた。一時はスペイ
ンのリーガ・エスパニョーラに世界最高峰の座を譲った形になったが、や
やスペインリーグの勢いにも陰りが見え始め、現在はイングランド、スペ
インのリーグと共に実力が伯仲している。

外国人登録
EU内国籍およびEU加盟申請中の国の選手に関しては無制限に登録が可能。
EU外国籍選手に関しては、2002年7月18日以前に契約した選手には適用さ
れず、毎年8月31日までに新たに契約してセリエAに参戦する選手は、各ク
ラブに1人のみ追加で登録することが許される。

事件
2007年2月2日、カターニャ対パレルモ戦でサポーターがフーリガン化し暴
動が発生。試合を中止したが場外乱闘に発展し、爆発物を投げつけられた
警察官1人が死亡、100人以上が負傷。15人の逮捕者を出す惨事となった。
後の調べで暴動を仕掛けたのはカターニャ側サポーターであることが判明
した。 この影響により翌日2月3日と4日の全てのリーグ戦が中止となった
。運営側は事態を深刻としており、2月10日にリーグは再開されるものの一
部の試合では無観客試合となった。 この問題はセリエAだけではなくイタ
リアサッカー界、ひいては欧州サッカー界に暗い影を落とすことは避けら
れそうに無いようだ。 その後オリンピコなどの安全性が確保された一部の
スタジアムでは無観客試合を回避したが、人気チームの試合が無観客試合
になる、または観客の入場がシーズンチケット保有者のみに制限されるな
どの影響が出ている。

2005-2006シーズンで、八百長疑惑が発覚し、ユヴェントスほかが強制降
格処分となった。

スクデット
セリエAのリーグ優勝をすることをしばしば「スクデットを取る」という。
「スクデット」(scudetto)とはイタリア語で「小さな盾」を意味し、優勝
クラブは翌年1年間、ユニフォームの胸にイタリア国旗のトリコローレを示
した盾型のエンブレムを縫い付け戦うことができる。
また、優勝10回のクラブのユニフォームには「ラ・ステッラ」(la stella、
イタリア語で「星」)と呼ばれる金色の星の刺繍が付いている。27回優勝
のユヴェントスは2個、17回のミランと16回のインテルは1個の星を付けて
いる(優勝回数は2007年-2008年シーズン終了現在)。なお9回優勝のジェ
ノアはあと1回の優勝で付けることが可能だが、優勝は全て第二次世界大戦
前のもので、近年は優勝争いはおろかセリエAに定着さえしておらず、今後
もつけることは当分なさそうである。

ウィキベディアより抜粋

セリエA在籍選手の動画はこちらから
ロナウジーニョ
カカ



スポンサーサイト

tag : セリエA

comment

Secret

スポンサードリンク
カテゴリー
プロフィール

soochang123

Author:soochang123
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ランキング ↓ 応援お願いします
サッカー関連リンク集
メールフォーム
相互リンク募集中 サッカー関連大歓迎

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめHPリンク
おすすめ
フリーエリア
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。